メニュー
 
 

FXチャートはこう見よう

FXチャートとは
何となくこっちに動きそうだというような勘だけでは、為替動向を掴むことはできません。投資を行うのであればそれなりに分析をしながら、ある程度の根拠を元に予測を立てる方が確実に利益につながります。その主な分析方法に「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の二つがあげられます。

テクニカル分析は、過去のデータを元にして分析を行います。過去一定期間の為替レートの動き、それらを数値化したチャートを使いながら未来の為替がどう動くかを予測する分析方法です。
ファンダメンタルズ分析は、経済指標や世の中の動向などを大きく見て、相対的に予測を立てていく分析方法です。
これら二つの分析方法のどちらがより有効なのかというのが重要なわけではありません。分析するポイントの違いや考え方の違いだけですから、どちらもうまく活用することで効果的な予測を立てることができるのです。
為替レートの予測にはそれぞれの「時間の概念」が一つのポイントとなります。長期、中期、短期とそれぞれのフェーズで考えながら適した分析方法を用いて行うことが大切です。またMeta Trader4を利用することで更に効果的な分析が行えます。

FXチャートを見ることで様々な情報を一括して把握することができるようになっています。過去の為替がどう動いていたか、全体的な経済の流れ、主要通貨の国々の状況や要人の発言、金利政策といったような今後の為替動向に影響しそうな判断材料が多く盛り込まれています。瞬時にトレンドの上昇または下降の傾向をつかむことができます。

最も一般的なチャート「ローソク足」
チャートの中で最も一般的でよく目にするのが「ローソク足」と呼ばれる罫線型のチャートでしょう。罫線の状態がローソクのような形をしていることからこのように呼ばれています。このローソク足を見ればその日の始値、終値、高値、安値といった4つの情報を瞬時に把握することができます。
一日単位のローソク足を日足(ひあし)と言い、一週間単位は週足、一ヶ月単位は月足、一年単位では年足と言います。

ローソク足には、ローソク部分が白や赤いパターンと、黒や青いパターンなど種類がありますが、これはそれぞれ「陽線」と「陰線」を表しています。前者の陽線は、終値が始値よりも高いこと(始<終)を示しています。一方陰線は、終値が始値よりも安いこと(始>終)を示しています。
また、ローソク部分から上下に突き出している線を「ひげ」と呼んでおり、この長さで高値や安値を読むことができるようになっています。

トレンドパターンを読み取る
トレンドが今上昇しているのか、下降しているのかそれとも停滞しているのかをすぐに判断できるのがFXチャートの大きなメリットです。相場の流れをいち早く掴み、今後どのように動くのか次の予想に役立てることができます。 
FXの勝率を上げるためには、まずこのトレンドに沿ってポジションを保持することが大切になります。右肩上がりなら上昇トレンド、逆なら下降トレンド、停滞状態ならば横ばいになるのでしっかりチャートを読み解く力が必要となります。

上昇トレンドの場合、それぞれの安値と安値を結び「下値抵抗線」というサポートラインを引きます。下降トレンドの場合なら、それぞれの高値と高値を結び「上値抵抗線」というレジスタンスラインを引きましょう。この二つのラインを見極めることで、いつが売り時なのか、買い時なのか、取引を有利に進めるチャンスを決定することができるようになります。

但しトレンドの流れに沿わず、まったく逆方向に動くトレンド転換が起きることもあります。上昇トレンドだった値動きが下値を指しどんどんと下落していく、その逆も然りです。トレンド転換が起きた場合は、大きな損失を防ぐためにもポジションの変更を即座に行う必要があります。