メニュー
 
 

リスクと対策


外国為替証拠金取引(FX)には数多くの魅力があり、2007年から2011年にかけて取引金額は約2,5倍の増加を示し、取引口座数も約3.1倍と大きく伸びています。

今後の展開については急激な増加は期待できないかもしれませんが、一過性のブームとして廃れていくのではなく定着していく傾向にありつつあるようです。

FXは魅力的なものですが、良い面ばかりではなくさまざまなリスクもあることをよく知っておく必要があります。商品性およびリスクについて理解し、納得した上で取引したいものです。 これはバイナリーオプション 比較であっても大事な指標となってきますので、必ず行うプロセスとしましょう。  

FXの「リスク」には、「値動きリスク」・「レバレッジリスク」・「流動性リスク」などさまざまなリスクが存在します。

利益が上がらなければ撤退者が増加し、FX市場規模は縮小していくはずですが、大きく伸びた後に急激な現象が見られないことを考えると、しっかり利益が得ている人が少なからずいるということが分かります。海外FX人口が上がっていることを見ても取引事態はステイディーという感じでしょうか。

しかし、誰もがFXで簡単に利益をあげらることができる訳ではありません。 元本が保証されていない投資である以上、FXにもリスクは存在しています。

ですから、そのリスクをあらかじめ知っておくことは非常に大切なことです。主なリスクを以下に挙げました。

値動きによって生じるリスク

株価と同様に元本が保証されていません。為替レートの動き次第では損失が生じることになります。

レバレッジによるリスク

レバレッジを安易に大きくして取引を行うと少額でも大きな利益を得ることができます。例えばここのWebサイトでは888倍まで最大でエッジを効かせる事ができると言うことになっています。逆に言えば損失も大きくなることを理解しておくのは大切なことです。 利益だけを追求すると、思いがけない損失につながる可能性があるので気を付ける必要があります。

流動性が生じるリスク
2009年のサブプライムローンに端を発した世界不況などから明らかなように、取引したい為替レートで取引ができないと言うリスクが発生することがあります。
しかし、流動性は株式より高いので、流動性のリスクは株式よりは小さいと言えます。

コンピュータシステムによるリスク
FX取引業者のコンピュータシステムやインターネット回線のトラブル、また、使用しているパソコンのトラブルなどによる取引不能のリスクが発生します。

FX取引事業者の信用リスク
FX取引事業者の倒産、もしくは業務停止によって取引できないというリスクが発生する可能性があります。

ただし、このハイローオーストラリアのようなFX取引事業者によっては、顧客から預かった証拠金を信託銀行に預けることでFX取引事業者の資産と完全に分離して管理していますので、証拠金が返金されないという心配はありません。