メニュー
 
 

取引形態


FXとはその取引方法に、実に様々なものがあります。これから始めるFX初心者の方には、とても興味深い内容ですので、参考になれば幸いです。

FXは、為替レートの変動による差益を利用する投資方法ですが、スワップの金利を利用する取引方法もあります。

◆代表的なFXの取引スタイルについて

FX投資には、株式のような時間制限がありませんから、土日を除き、24時間好きな時に取引をする事が可能です。

その為、本業を持っていたとしても、帰宅してからリアルタイムに取引が可能であり、それが海外FXの最大のメリットです。

しかし、一日中取引が出来るという事は、自分が関わっていない時に、為替レートが想像外の動きをする事が多々あります。人によっては、気になって、パソコンから離れられなくなってしまうかもしれません。そのような事態を回避する為にも、自分なりの投資スタイルを確立しなければならないのです。

では、諸先輩方は、どのような取引スタイルで売買しているのか、FXネットでも使える代表的な取引方法を挙げてみます。

デイトレ派…為替の変動を細かくチェックし、一日に何度も売買を行うタイプ。

スイング派…空いている時間に、気が向くまま売買をするタイプ。

スワップ派…スワップ金利を目的に、長期間で取引するタイプ。

大体、この3種類が主流になっています。

◆自分に合った取引方法を模索する

ライフスタイルは人それぞれですから、基本があると言っても、自分に合った取引スタイルは、自分にしかわかりません。しかし、大まかに決める事柄があります。

それは、時間と資金、そして性格です。これら総てをを加味して選ぶ事が重要です。

取引は24時間可能ですが、総て参加するのは不可能です。ある程度の時間の目安を決めて、取組むべきなのです。

資金にしても、無理なレバレッジを効かせると、後が大変な事になりますので、自分に見合った資金で取組むようにしましょう。

意外と重要なのが、性格です。FXにも株と同じ様に短期、中期、長期と取引方法が色々ありますから、自分にあった方法を選ぶ事が重要になります。

◆失敗から学ぶ事も多い

FXは、差益によって儲ける事が一番の目的ですが、時には儲からない取引をするのも有効です。

どうして、儲からなかったのか?を学ぶ事が出来るからです。

何度も取引する事で、儲かる事も儲からない事もあるでしょうが、儲からなかった時には、何らかのパターンやルーチンがあるものなのです。

それを学ぶ事が、儲けの出る、自分なりのfx取引スタイルを確立する近道になるでしょう。